ワイキキで今一番話題の生演奏ジャズバー「ブルーノートハワイ」の感想




2015年12月28日に満を持してオープンした伝説のジャズバー

 

Blue Note Hawaii(ブルーノートハワイ)

 

に3週連続で行ってきました!

 

bluenotehawaii

 

知っている人も多いかもしれませんが、ブルーノートとは1981年にアメリカのニューヨークで開店した生演奏ジャズバーで、日本の東京や名古屋にもチェーン店を展開している世界的お洒落スポットです。

その魅力はなんといっても、有名アーティストの生演奏が目の前で聞けること。

人数は大体100人収容できるくらいの小さな箱なので、アットホームなライブショーを体感することができるという訳です。

 

 

世界的ミュージシャンの生演奏を満喫

 

私が見に行ってきたアーティストは以下の3名です。

ハワイのカリスマレゲエシンガー Anuhea(アヌヘア)

 

anuhea

 

ハワイのビーチで聴くのにピッタリなメロウなレゲエソングを歌うハワイのカリスマ・レゲエ歌手です。

恥ずかしながら私は今まで彼女の存在を知らなかったのですが、今回のライブを皮切りにファンになりました!

 

歌を聴いているだけで、彼女の生まれ育った環境や今のライフスタイルなどが伝わって来るような気がします。

ハワイアン・レゲエいいですね!「ジャワイアン」とも言われているそうですが、ローカルはあまりこの言葉は好きではないそうです。

 

kimie_anuhea

 

ちなみにこの日はKimie(キミエ)とポルンガ?という2人のハワイ出身有名アーティストも友情出演していました!

ポルンガだったかな?名前間違えてたらすみません(><)

 

 

世界的アーティスト Maxi Priest(マキシ・プリースト)

 

生きる伝説」と言われる超有名アーティストのマキシ・プリースト。まさか彼のコンサートに行くことができるとは思っていませんでした。

そして。。この日は衝撃の事件が起こりました。。

 

maxipriest

 

コンサートの途中にトイレで席を立っていたのですが、テーブルに帰るとなんとマキシ・プリーストがステージを降りて私の友人のテーブルまで来て、友人と肩を組んで歌っていたのです

テンションが上がったはドサクサに紛れて一緒に混ざり、マキシプリーストと肩を組んで歌いました!!

 

近くで見るとM.C.A.Tみたいなちっさいおっさんでしたが、一般人の私たちと一緒に肩を組んで歌ってくれるそのファンサービスには感動しましたね。おそらく人柄的にもよくできた人なんでしょう。

 

 

有名らしいジャズシンガー Dee Dee Bridgewater

この人もいろいろなアワードで賞を取った世界的アーティストですが、ジャズの魅力がよく分からない私にはあまりよく分かりませんでした。歌は上手かったですよ。

 

DeeDeeBridgewater

 

こんなこと言っていいか分かりませんが、風貌はうちのオカンに少し似てますね。

 

 

 

ちなみに、すべての値段が高いから事前に飲んで行った方が良い

 

ここだけの話ですが。。店に入ってメニューを見たとき、思わず「高っ」と心の中で思いました笑。

メニューの中で一番安いドリンクがビールで9ドル、グラスワインは一杯13ドル。サンドイッチ28ドル(ただしボリュームはある)。

 

bluenotehawaii2

 

店内の雰囲気がすごくお洒落で、音楽もいいので思わずお酒を飲みたくなりますが、我を忘れて注文しまくるとかなり高くつきますよ

ということで、ここに来る前に別の場所で軽く一杯飲んでいくといいでしょう笑。いい感じのほろ酔いで音楽を聴く方が楽しいですからね。

 

料金システム

ちなみに料金システムは入場料(席代)が最低35ドル、カバーチャージが最低10ドルです。

カバーチャージが最低10ドルというのは、一人最低10ドル以上のオーダーをする必要があるということです。

 

 

ブルーノートハワイへの行き方

 

場所はアウトリガーワイキキの2階です。

車で来る方は、駐車場代もクソ高いのでカピオラニ動物園に駐車して歩いて来た方が良いでしょう。

それかUberかLyft使うか。

 

 

さて、皆さんもブルーノートハワイに行きたくなってきたでしょうか??

 

 

そろそろ行きましょう。お洒落なジャズバーへ。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。